医療用ポリエチレン事業

ポリ袋
はポリエチレンフィルムなどを素材とする袋である。
現在、日本で一般に「ビニール袋」と呼ばれているもののほとんどはポリエチレン製のポリ袋であります。
弊社の販売においては、株式会社クリーンが製造している。
工場の強み:底二重シール加工による、底水もれ防止強化。
ポリエチレン製以外のもの
ほとんどのポリ袋がポリエチレン製であるが、特殊な用途のためにポリエチレン以外の素材が使われることもある。
真空包装には、通気性が低いナイロンが使われる。ただしナイロンはヒートシールが難しいため、リニアポリエチレンと張り合わせた2重フィルムにしてから袋にされることが多い。
血液バッグには、血液を凝固させず、柔軟で摩耗しにくいことから、ポリ塩化ビニル(塩ビ)が使用される。